トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

児童手当

 児童手当とは、中学校卒業前までの児童を養育されている方に支給される手当です。出生や転入等があったときは、すみやかに市役所の児童手当担当窓口で申請してください。ただし、公務員の方は勤務先で申請してください。

[支給対象]

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

[支給月額]

児童の年齢が3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校卒業前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円
※児童を養育している方の所得が所定額以上である場合は特例給付として月額一律5,000円を支給します。
※「第3子以降」とは高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

[支給時期]

毎年6月・10月・2月にそれぞれの前月分までの手当を支給します。

[手続きが必要な場合]

認定請求書 第1子が産まれたとき
他市町村から転入したとき
公務員でなくなったとき 等
額改定請求書・額改定届 第2子、第3子等が生まれたとき
養育する児童の数が減ったとき 等
氏名・住所変更届 受給者や児童の氏名・住所が変わったとき
別居監護申立書 受給者が児童と別居するとき(受給者の単身赴任又は児童の進学・通学等による別居)
受給事由消滅届 他市町村へ転出するとき
児童を養育しなくなったとき
公務員になったとき 等
 認定請求の際は、請求者及び配偶者の個人番号確認書類ならびに請求者(代理申請の場合は代理人)の身元確認書類を提示ください。代理人が申請を行う場合は委任状が必要です。委任状様式 委任状様式PDFデータ (PDF形式:48KB)
 ※個人番号確認書類・・個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号入りの住民票の写し等
 ※身元確認書類・・運転免許証、個人番号カード、パスポート等

 児童手当の受給者は、毎年6月に現況届の提出が必要です。
 令和元年度現況届の提出期限:令和元年6月3日(月)~7月1日(月)
 現況届は、毎年6月1日現在の状況を把握し、6月分以降の手当を引き続き受けられるかどうかを確認するための大切な届出です。提出がないと6月以降の手当が受給できなくなりますのでご注意ください。また期限までに提出しないと、6月分以降の手当の支給(10月予定)が遅れることがありますので、必ず期限内に提出してください。

【現況届の手続きに必要なもの】(①、②は全員、③、④、④-2、⑤は該当する方のみ必要)

印鑑(認め印可)
現況届
受給者が被用者(厚生年金に加入している)の場合
受給者の健康保険証のコピー
受給者が児童と別居している場合(受給者の単身赴任、児童の進学通学等による別居)
別居監護申立書
④-2 別居している児童の住民登録が他の市区町村にある場合
児童が属する世帯の住民票謄本
※令和元年6月1日以降に発行されたもの
※続柄・個人番号が記載されたもの(個人番号の記載がない住民票謄本の場合は、併せて個人番号確認書類(個人番号カードまたは通知カード)をご提示ください)
受給者が児童の父母でない者(祖父母等)の場合
監護・生計維持申立書

[問い合わせ先]

福祉事務所こども未来課 0920-58-2294
美津島行政サービスセンター 0920-54-2271
上県行政サービスセンター 0920-84-2311
南福祉保健センター 0920-53-6111
峰行政サービスセンター 0920-83-0301
上対馬振興部住民生活課 0920-86-3112