トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

大型連休を迎えるにあたり全国から対馬への来島・帰省を考えられている皆様及び市民皆様へのお願い(4月28日)

全国の皆さまへのお願い

大型連休を迎えるにあたり、全国から対馬への来島・帰省を考えられている皆様へのお願いです。

現在、すべての都道府県を対象に緊急事態宣言が発令され、都道府県域を越えた外出の自粛が求められております。

しかしながら、前回も申し上げましたように、本市は、高齢者も多く、医療体制もぜい弱であるため、市民は、島外からの入島制限ができないことに不安を抱え、市内で感染者が出ないことを願い、暮らしています。

感染拡大を終息させるためには、緊急事態宣言に基づく国からの要請に対し、国民一人一人がどう応えるかにかかっています。

一日も早く、互いが笑顔で会える日を迎えるため、今は、我慢の行動をお願いします。私たち対馬市民は、この期間でおもてなしに磨きをかけ、その日をお待ちしております。

皆様一人一人の行動が大きな力となり、感染の拡大を必ず抑え込むことができると信じていますので、心をひとつに、この難局を乗り越えましょう。

市民の皆さまへのお願い

4月24日、長崎県知事から県下全域に、遊興施設をはじめ学校などの施設も含めた、休業要請が行われました。

これは、緊急事態宣言後も人出に大きな変化が見えないことや、隣県で既に休業要請が行われたことで、県内への流入増が懸念されたことなどによるものです。

私たち市民は、これを対岸の火事と捉えず、気を緩めず、感染予防に取り組む必要があります。

これまで、外出や本土との往来の自粛、学校の臨時休業、公共施設の一時閉鎖、及びイベントの中止などによって、多くの方がストレスを抱えながら、毎日を過ごしていらっしゃると思いますが、大型連休を迎えるに当たり、今までにも増して、不要不急の外出を控え、自宅に留まることを重ねてお願いいたします。

ラグビーのスクラムは、全員の気持ちが一つにならないと相手の圧力に負け、前進することもできず、スクラムも崩れてしまいます。

あなたの大切なご家族や友人、そして、あなた自身を守るため、心をひとつにこの難局を乗り越えましょう。

令和2年4月28日      
対馬市長  比田勝 尚喜