トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

対馬市商工事業者等緊急支援補助金 事業持続化型(タイプ1)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、売上高等が減少している事業者に対し、予算の範囲内で上限15万円から20万円を支援します。(市独自の事業です。国の持続化給付金と重複して支援を受けることができます。)

対象事業者

島内に住所を有し、事業を経営する宿泊業、飲食サービス業、運輸業、物品賃貸業、小売業、製造業、卸売業、生活感関連サービス業、娯楽業、学習支援業、医療業及び体験事業です。対象事業者を拡大しています。

対象事業者一覧 対象事業者一覧PDFデータ(PDF形式:85KB)

申請要件

市内に事業所等の事業拠点を有し、令和2年3月又は4月の月における売上げが、前年の同月と比較して30%以上減少している者で、①②の全てに該当すること。

① 市税及び国民健康保険税を滞納していないこと。
② 暴力団等に関与していないこと。

支給額

令和2年3月又は4月の月における売上げが、前年の同月と比較して売上が40%以上減少している場合
→1事業者あたり20万円を上限とし、補助対象経費の5分の4以内で支給

令和2年3月又は4月の月における売上げが、前年の同月と比較して売上が30%以上40%未満で減少している場合
→1事業者あたり15万円を上限とし、補助対象経費の5分の4以内で支給

※補助対象経費は、令和2年4月、5月及び6月分の実績又は見込み額で人件費を除く固定費です。固定費とは経営の維持に必要とされる家賃、リース料、水道光熱費、通信費等

申請期間

令和2年5月11日(月)から令和2年7月31日(金)まで

申請に必要な書類

個人事業の場合
書類 添付書類 備考
①申請書兼請求書 預金口座の写し  
③納税証明(未納がない証明)
 (Word形式:28KB)
市役所の窓口で各自申請し、証明をもらってください。無料

②補助金額算定表 
(Word形式:49KB) 
(Excel形式:26KB) 

令和元年分確定申告第一表の写し 青色申告者・白色申告者
令和元年分所得税青色申告決算書の写し 青色申告者
令和元年分収支内訳書の写し 白色申告者
令和2年度(令和元年分)市県民税申告書の写し 所得税申告がない者
令和2年4月、5月、6月の支払い実績の証拠書類の写し 青色申告者・白色申告者:
5月、6月が見込みの場合は不要
法人の場合
書類 添付書類 備考
①申請書兼請求書 預金口座の写し  
③納税証明(未納がない証明)
 (Word形式:28KB) 
市役所の窓口で各自申請し、証明をもらってください。無料
②補助金額算定表
(Word形式:49KB) 
(Excel形式:26KB) 
確定申告別表1(直近の事業年度分)  
法人事業概況説明書の写し(直近の事業年度分)  
令和2年4月、5月、6月の支払い実績の証拠書類の写し 5月、6月が見込みの場合は不要

申請方法

詳しい記載方法は、申請等の手引きをご覧ください。

申請等の手引き 申請等の手引きPDFデータ(PDF形式:668KB)

提出は、対馬市ホームページから申請書をダウンロードの上、必要な添付書類とあわせ最寄りの窓口に持参か郵送又はメールでお願いします。様式は市の関係機関の窓口でも準備しています。

メール提出の場合は、①補助金交付申請書、②補助金額算定表と必要書類をデータ化し(PDF.JPG.PNG形式)専用アドレスに送信してください。

【送信先アドレス:kinkyushien@city-tsushima.jp(メール送信の際に、@を半角に変更してください)】

※内容を市で審査し、改めて①補助金交付申請書の原本(押印済み)を郵送していただきます。

受付窓口

受付時間はいずれも午前9時から午後5時まで、5月は観光商工課において土日も対応しています。

対馬市 観光交流商工部 観光商工課  〒817-8510 対馬市厳原町国分1441番地
中対馬振興部 地域振興課  〒817-1292 対馬市豊玉町仁位380番地
上対馬振興部 地域振興課  〒817-1701 対馬市上対馬町比田勝575番地1

様式等ダウンロード

申請書兼請求書
(Word形式:22KB)
補助金額算定表
(Word形式:49KB)  (Excel形式:26KB)
納税証明(未納がない証明)
(Word形式:28KB)

その他

事業持続型制度の概要PDFデータ(PDF形式:114KB)
対馬市商工事業者等緊急支援補助金(事業持続型)申請等の手引きPDFデータ(PDF形式:668KB)

問い合わせ先

観光交流商工部 観光商工課  電話:0920-53-6111
〒817-8510 対馬市厳原町国分1441番地