トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

保健事業実施計画(データヘルス計画)

 保健事業実施計画(データヘルス計画)とは、特定健診の結果やレセプトのデータ、介護保険の認定状況を分析・活用し、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業を行うための実施計画です。
 本計画の目的は、「自分の健康状態を把握し、生活習慣病の改善や健康の保持・増進に努めることで、生活習慣病の発症や重症化の予防につなげ、将来的な医療費の抑制をめざす」ことにあります。目的を達成するために、保健師や栄養士などを中心に、関係機関との連携を図りながら保健事業を実施し、毎年評価を行います。
 対馬市は特定健診の受診率が低いため、自分の健康状態を知る機会のないまま、生活習慣病の発症・重症化にいたる人が多いと推測されます。また、高血圧や糖尿病のリスクが高いことも明らかです。生活習慣病は自覚症状がありません。自分の体の状態を確認する機会として特定健診を受けましょう。

保健事業実施計画(データヘルス計画)保健事業実施計画(データヘルス計画)PDFデータ(PDF形式:1.7MB)