トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

~イノシシ・シカ 美味しいから始まる地域づくり~

 捕獲されたイノシシやシカを食肉として活用することで、被害対策や対馬の現状について広く知ってもらい、関わる人を増やすためには、イノシシ・シカの食肉が安心安全な食材であることが大前提となります。
 そこで、対馬市では大阪府立大学と連携協定を結び、イノシシ・シカの食品衛生に関する研究を共同で実施し、また2014年には対馬市イノシシ・シカ衛生管理ガイドラインを策定するなど、家畜同様の衛生管理を実施できるよう進めて参りました。
 2014年9月より、美津島町加志にあった施設を改修工事し、対馬猪鹿加工処理施設として解体処理と食肉製品製造業に取り組み始めました。

商品は下記のページで購入できます。
商品販売ページ caro(カロ)

ガイドラインに沿って解体された肉caro商品写真