トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

税務証明等の種類と手数料


税務証明と手数料
税務課で発行している証明は次のとおりです。
証明書の種類 手数料金額
所得証明 1件:300円
課税証明 1件:300円
非課税証明 1件:300円
納税証明 1件:300円
※車検用納税証明は無料です。
公課証明 1枚:300円
評価証明 1件:300円
資産証明 1枚:300円
無資産証明 1枚:300円
事業所証明 1枚:300円
住宅用家屋証明 1枚:1,300円
各証明書の内容
所得証明・課税証明・非課税証明]
記載内容は、収入、所得、課税状況です。
各証明書に表示されている所得は、証明書表示年度の前年中の所得です。
各証明書は、市県民税を課税した市町村で発行します(例えば、平成17年度の証明は、平成17年1月1日に住んでいた市町村で発行します)。
未申告の場合は、証明書の交付ができません。市県民税申告書で申告後、交付請求してください。
固定資産に関する証明]
固定資産課税台帳記載事項に関する証明
公課証明 土地の所在・地目・地積・評価額・課税標準・税額と、家屋の所在・家屋番号・種類・構造・床面積・建築年・評価額・課税標準・税相当額を記載
評価証明 所在地番、家屋番号、地目または種類、地積または床面積、評価額を記載
資産(無資産)証明
土地は筆数、地積、評価額の合計を、家屋は棟数、床面積、評価額の合計を、償却資産は品数、評価額の合計を記載
住宅用家屋証明
登録免許税の軽減措置申請に必要です。

各証明書の内容は、1月1日現在のものです。
所有者が死亡している場合は、申請する際に次のものが必要です。
(1) 相続人が申請する場合
所有者との続柄がわかるもの(戸籍謄本など)、申請者の印鑑または身分証明書
(2) 遺贈を受けた人が申請する場合
遺言状など
1月1日以後に物件を取得された人が申請する場合は、次のものが必要です。
・登記簿または権利証
納税証明]
個人市県民税、法人市民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、軽自動車税(車検用)、滞納のない証明などがあります。
証明書には、1通につき1税目、1年度分の納税額が記載されています。滞納のない証明の場合は、証明の交付要件として上記市税に加えて、国民健康保険税も対象となります。
市県民税の納税証明は、課税されている市町村で発行します(例えば、平成17年度の証明は、平成17年1月1日に住んでいた市町村で発行します)。
軽自動車税の納税証明(車検用)を請求される場合は、車検証、または車検証のコピーをご持参ください。
納税証明を請求される日の直前に納付された場合は、収納記録が間に合わないことがありますので、領収書をご持参ください。