トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

対馬市とKDDI株式会社はSDGs推進に関する包括連携協定を締結しました

SDGs締結式

SDGs未来都市である対馬市は、この度、KDDI株式会社と「SDGsの推進に関する包括連携協定」を締結いたしました。

  1. 協定締結日
    令和3年2月16日(火)
  2. 包括連携協定の内容
    (1)目的
    SDGsの推進に向けて、KDDI株式会社のICT技術等(IoT、LTE、5G技術等)の資源と、対馬市における離島、過疎地ならではの課題や自然・産業等の資源を有効に活用し、両者が課題解決に対して連携・協働して取り組むことで、地域社会の持続的発展に資することを目的とする。
    (2)連携事項
    ①生物多様性保全の推進に関する事項
    ②産業へのICTの導入・活用に関する事項
    ③交流人口、関係人口の拡大に関する事項
    ④人材の育成に関する事項
    ⑤その他「対馬市SDGs未来都市計画」の達成に向けた取組に関する事項
    (3)有効期限 協定締結日~令和4年3月31日(延長可)
  3. 具体的な取組事例
    ①AI技術を駆使したツマアカスズメバチの巣の検出
    ②スマート農業によるヤマネコと共生する稲作
    ③IoT技術を活用した獣害対策の効率化
  4. KDDIの取り組み
    KDDIは、これからも事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み 続けるという決意をこめ、2030年を見据えたKDDIのSDGs「KDDI Sustainable Action~私たちの『つなぐチカラ』は、未来のためにある~」を策定しました。
    社会課題をリスクとして捉えるだけでなく、KDDIならではの強みを生かしたチャンスと捉え、5GやIoTなどを活用した地方創生や、途上国における低廉で高品質な通信サービスの提供など、事業として利益をあげながら、さまざまな社会課題の解決を図ります。
KDDI Sustainable Actionイメージ図

<命・暮らし・心をつなぐ「KDDI Sustainable Action」>