トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます
トップ » お知らせ

「生物多様性保全上重要な里地里山」に対馬の3地区が選定されました

 里地里山は、長い時間をかけて人々が自然と寄り添いながらつくりあげてきた自然環境であり、実に国土の約4割を占めており、特有な生物の生息環境としてだけではなく、食料や木材等自然資源の供給、国土の保全、良好な景観、文化の継承等の観点からも重要な役割を担っています。
 環境省では、さまざまな命を育む豊かな里地里山を、次世代に残していくべき自然環境の一つであると位置づけ、「生物多様性保全上重要な里地里山」を全国から500箇所選定しました。
 このうち対馬からは3地区(千俵薪山、志多留・田ノ浜地区、内山地区)が選定されています。

生物多様性保全上重要な里地里山ウェブサイト(環境省)

【目的】

 社会構造が変化し、人口減少が進む中、すべての里地里山に人手をかけて、かつてのように保全していくことは困難であり、保全すべき対象とその将来像を明確にし、対策を講じていくことが重要な課題となっています。
 このため、国土の生物多様性保全の観点から重要な里地里山を明らかにし、多様な主体による保全活用の取り組みが促進されることを目的として、「生物多様性保全上重要な里地里山」が選定されました。

【選定基準】

 基準1:多様で優れた二次的自然環境を有する。
 基準2:里地里山に特有で多様な野生動植物が生息・生育する。
 基準3:生態系ネットワークの形成に寄与する。

注)

今回の選定により、地域の人々のくらし、農林業の営みや土地の利活用等に対し新たな制約や規制等を生じさせることはありません。
選定された「生物多様性保全上重要な里地里山」は、地域におけるくらしや営み、保全活動等の取り組みを通じて守られてきた豊かな里地里山を広く知ってもらうためのものです。

市民協働・自然共生課