トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます
トップ » お知らせ

仏像返還にかかる公式見解

 本日、平成24年10月に盗難被害に遭った仏像の内、対馬市峰町木坂・海神神社所有の「銅造如来立像」が返還される旨、関係機関から連絡がありました。

 仏像の返還を待ち望んでいた所有者はもとより、地域の方々、市民一同安堵しているところであります。

 盗難事件発生以来、「盗難にあった文化財の返還を求める市民の会」が発足し、署名活動が行われ、また、長崎県を通じて外務省、韓国文化財庁等へ早期返還を訴え続ける等、対馬市一体となって絶え間なく返還活動を続けてきたところです。

 信仰の象徴として、地域で大事に守り続けてきた仏像が被害にあって以降、地元の方々は大変な悲しみの中にありました。

 外交ルートによる折衝が続けられ、市としても状況を見守ってきましたが、返還が実現されることになり、これまで返還についてご協力いただいた市民、関係機関に対し、改めてお礼を申し上げるところです。

 しかしながら、同時に被害にあった豊玉町小綱・観音寺の「観世音菩薩坐像」について、返還の連絡を受けていないことは大変残念であります。

 対馬市としては、この件についても引き続き速やかに返還されるよう、強く求めてまいります。

 返還を契機に、更なる日韓交流の進展が図られることを期待します。


平成27年  7月15日
対馬市長 財部 能成