トップページくらし行政情報はこちら観光情報はこちら(外部リンク)新しいウィンドウで開きます
トップ » お知らせ

対馬市商工業活性化推進事業補助金

◆対馬市商工業活性化推進事業補助金の募集について

応募期間:平成29年7月10日(月)から平成30年2月28日(水)

※ただし、予算の範囲内での補助となりますので、予算を超過の見込みとなった時点で受付を停止します。

1.補助対象事業

①顧客満足度向上設備導入事業
  • 市内で商工業を営む者が行う設備投資で、市民や観光客やビジネス客などの満足度を向上することで、交流人口及び定住人口の拡大に資する事業
②事業承継推進事業
  • 事業の承継を受けた者若しくは事業期間内に受ける者が行う設備投資で、現に行っている事業の継続や拡大や転換により、市内事業者の若返りと振興を図る事業

2.補助対象者

(共通)

①個人事業主、小規模事業者、中小企業者(中小企業法で定める)、民泊事業者。

②代表者が対馬市に住民票を有し、かつ、対馬市に居住の実態があること。

③申請者及びその関連会社等が申請時において3年以内に対馬市商工業活性化推進事業補助金若しくは対馬市創業等支援事業補助金を受けていないこと。

④市税を滞納していないこと。

⑤風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する風俗営業を営む者でないこと。

⑥対馬市暴力団排除条例(平成24年12月28日条例第51号)第2条に規定する暴力団員等と密接な関係を有する者でないこと。

(顧客満足度向上設備導入事業の場合)

①市内で現に事業を営む者であること。

②市民、観光客やビジネス客等を顧客とする商工業者であること。

(事業承継推進事業の場合)

①事業の承継を申請時の3年以内に受け、現に事業を営んでおり、かつ、実質的な代表権がある者又は事業期間終了時までに事業の承継を受ける予定の者であること。

②申請時において、満20歳以上の者で、かつ、満50歳以下の者であること。

3.補助対象設備

(共通)

①対象設備は1物件あたり100,000円以上で、その種類が構築物、機械及び装置、工具、器具及び備品、ソフトウェアであるもの(建設機械、工作機械、船舶、航空機、車両および運搬具など中古価値の高いものを除く)。ただし、100,000円以下の物件であっても、複数の集合体で一つの物件としての機能を持つような設備については補助対象です。
補助対象外設備一覧 補助対象外設備一覧PDFデータ (PDF形式:22KB)

②中古品及びリース契約または割賦契約に基づくものでないこと。(但し、事業期間内に全支払が終わるものについては対象です。)

③市内の事業所に設置するものであること。

④対馬市低炭素機器等導入費補助金の対象物件でないこと。

⑤トイレ、クレジットカード等の読み込み機については補助対象外です。

(顧客満足度向上設備導入事業の場合)
  • 当該設備が、市民、観光客若しくはビジネス客などの新規顧客及び既存顧客の満足度向上に資する設備であること。
(事業承継推進事業の場合)
  • 当該設備が、事業の継続、事業の拡大、生産性の向上・効率化若しくは事業転換に資するものであること。

4.補助の内容

 補助率は1/2以内とし、顧客満足度向上設備投資事業の上限は50万円、事業承継推進事業の上限は100万円、民泊事業者についてはいずれの場合も上限20万円。予算の範囲内での補助となりますので、予算の上限に達する見込みとなった時点で受付は終了致します。

※補助金の額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額となります。

※国や県などの補助金がある場合は、事業費からその補助金額を差し引いた額が補助金の対象額になります。

5.申請書類及び提出先

①交付申請書(様式第1号)
②設備投資計画概要書(様式第2号の1)
③収支予算書(様式第2号の2)
④事業承継計画書(様式第3号)  ※事業承継推進事業のみ
⑤定款及び直近の決算書(法人以外は、これらに相当する書類)
⑥代表者もしくは事業承継を受ける予定の者の住民票の写し
⑦現に事業を行っていることを証明する書類(要綱別表第1に定める書類)
⑧履歴事項全部証明書(法人に限る)
⑨市税に滞納がない証明書  ※納税状況等確認同意書も可
⑩導入する設備の概要が確認できるカタログ等
⑪現況写真
⑫その他市長が必要と認める書類

 ①~⑫の書類を揃えて、対馬市商工会の各支所までお持ちになり、事前相談を受けてください。商工会よりチェックを受けたのち、観光商工課までに郵送等又は持参(平日の9時から17時30分まで)により提出してください。(提出いただいた書類は、返却できませんので、ご留意ください。)

6.審査方法

 対馬市商工会へ事前相談後、提出いただいた申請書を「対馬市商工業活性化推進補助金交付要綱」に基づき審査し、採択を決定します。

7.留意事項

①申請する事業は、申請年度中に実施する事業とし採択を受けた事業については、事業の完了した日から20日以内、もしくは申請年度の3月31日までのいずれか早い日に実績報告書(添付書類含む)を提出してください。

②申請された事業は、決定通知書の交付を受ける前に、事業に着手することはできません。

③事業内容、申請額等については、十分精査のうえ、事業の実施が確定できるものについて、申請ください。また補助金交付決定後に事業計画等の内容等を変更しようとするときは、事業を実施する前に変更の申請を行う必要がありますのでご注意ください。

④虚偽の申請があった場合等には、補助金交付を取り消すことがあります。

⑤補助金は事業について完了・精算し、市に必要な書類を添えて報告した後、全額を交付します。概算払いは致しません。

⑥補助事業に関する帳簿及び証拠書類を備え、これらを事業終了の翌年度から5年間必ず保管してください。

8.補助金交付要綱

対馬市商工業活性化推進事業補助金交付要綱 対馬市商工業活性化推進事業補助金交付要綱PDFデータ (PDF形式:159KB)

9.各種様式

募集要項募集要項PDFデータ (PDF形式:243KB)
様式第1号(交付申請書)様式第1号(交付申請書)Wordデータ(Word形式:19KB)
様式第2号の1(設備投資計画概要書)様式第2号の1(設備投資計画概要書)Wordデータ(Word形式:14KB)
様式第2号の2(収支予算書・精算書)様式第2号の2(収支予算書・精算書)Wordデータ(Word形式:16KB)
様式第3号(事業承継計画書)様式第3号(事業承継計画書)Wordデータ(Word形式:13KB)
様式第5号(計画変更承認申請書)様式第5号(計画変更承認申請書)Wordデータ(Word形式:17KB)
様式第7号(実績報告書)様式第7号(実績報告書)Wordデータ(Word形式:17KB)
様式第9号(請求書)様式第9号(請求書)Wordデータ(Word形式:13KB)
納税状況確認同意書納税状況確認同意書Wordデータ(Word形式:20KB)

《掲載に関するお問い合わせ先》

対馬市役所 観光交流商工部 観光商工課 担当:糸瀬
〒817-8510 対馬市厳原町国分1441番地
電話番号:0920-53-6111  IPTEL:353-6111
FAX番号:0920-52-1214
E-mail:shoukou@city-tsushima.jp
(メール送信の際には、@を半角に変更してください。)