後期高齢者医療保険料の減免

更新日:2021年07月26日

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者が死亡した場合や、主たる生計維持者の収入が一定程度減少した場合等に、その者の属する世帯の方々等について、医療保険料について減免を行います。

保険料が全額免除となる場合

対象の要件

新型コロナウイルス感染症により、その者の属する世帯の主たる生計維持者(世帯主)が死亡し、又は、重篤な傷病を負った者
 ⇒同一世帯に属する被保険者(後期高齢者医療)の保険料額の全額が免除されます。

保険料が減額となる場合

対象の要件

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入の減少が見込まれる方であって、下記の1から3全てに該当する方が対象となります。

  1. 主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入のいずれか又は2つ以上が、令和2年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
  2. 主たる生計維持者の令和2年の所得の合計額(合計所得金額)が 1000万円以下であること
  3. 主たる生計維持者について、減少が見込まれる事業収入等以外の収入による令和2年の所得の合計額が400万円以下であること

1の事業収入等の減少見込みについては、例えば、申請時点で令和3年の事業収入等が概ね確定している期間の帳簿や給与明細書等を提出していただく等により年間を通じた売り上げ見込み額等を見通していただくこと等が考えられます。

その他

申請書類等郵送いたします。まずはお電話で問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

保険課

〒817-1292
対馬市豊玉町仁位380番地
電話番号:0920-58-1579
ファックス番号:0920-58-2551

メールフォームからお問い合わせする