肝臓機能障害が身体障害者手帳及び自立支援医療(更生医療)の対象になります。

更新日:2021年04月01日

身体障害者手帳

対象者

  • 認定基準に該当する肝臓機能障害のある方
  • 肝臓移植を受け、抗免疫療法による治療を受けている方

認定基準

主として肝臓機能障害の重症度(肝性脳症や腹水の有無、血清アルブミン等の数値などで分類されるグレード)によって判定します。最も重いグレードの状態が3ヶ月以上継続している方が、概ね身体障害者手帳の交付対象となります。
ただし、診断前の6ヶ月間にアルコールを摂取している方等は対象とはなりません。

申請に必要なもの

申請書、診断書、写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル)
診断書は、身体障害者手帳指定医が作成したものに限ります。

自立支援医療(更生医療)

対象

肝臓移植及び術後の抗免疫療法

申請に必要なもの

申請書、診断書

  • 肝臓機能障害での身体障害者手帳をお持ちの方、もしくは身体障害者手帳と同時に申請される方が対象になります。
  • 診断書は、自立支援医療(更生医療)を主として担当する医師が作成したものに限ります。

申請開始日

平成22年2月より随時、

  • 身体障害者手帳の交付、更生医療の支給対象開始期間は平成22年4月1日以降となります。
  • 必要書類を福祉事務所、各福祉保健センター、各地域活性化センター住民生活課に提出して下さい。
  • 申請書と診断書の様式は、提出先窓口に備えつけてあります。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課

〒817-1292
対馬市豊玉町仁位380番地
電話番号:0920-58-1119
ファックス番号:0920-58-2551

メールフォームからお問い合わせをする