小児の予防接種

更新日:2022年04月01日

 子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種をすることで病気になるのを防いだり、かかったとしても症状が軽くなるようにします。
 予防接種には、予防接種法によって対象疾病、対象年齢などが定められた定期予防接種と、個人の希望で接種する任意予防接種があります。

 対馬市では、小学校入学までに必要な定期予防接種の説明・予診票用紙を1冊にまとめた『予防接種手帳』を、赤ちゃん訪問のときにお渡ししています。
 転入してこられたお子さんについては、必要な予診票をお渡ししますので担当課へご連絡ください。

予防接種の種類と対象年齢

ヒブ

ヒブ一覧
種類 接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
初回 3回 27日以上 生後2月~5歳未満 生後2~7月
追加 1回 7月以上 生後2月~5歳未満 初回終了後
7~13月

備考

接種開始年齢によって接種回数が異なる

  • 生後7~12月未満の場合は、初回2回、追加1回。
  • 1歳~5歳未満の場合は1回。

小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌一覧
種類 接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
初回 3回 27日以上 生後2月~5歳未満 生後2~7月
追加 1回   生後2月~5歳未満 生後12~15月

備考

接種開始年齢によって接種回数が異なる

  • 生後7~12月未満の場合は、初回2回、追加は初回終了後60日以上で生後12月以上に1回。
  • 1~2歳未満の場合は2回、60日間以上の間隔。
  • 2歳以上5歳未満の場合は1回のみ。

B型肝炎

B型肝炎一覧
接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
2回 27日以上 1歳未満 生後2~9月未満
1回 1回目から139日以上 1歳未満 生後2~9月未満

備考

HBs抗原陽性の母親から生まれた児は定期接種の対象とはならない(健康保険が適用)。

ロタウイルス

ロタウイルス一覧
種類 接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
ロタリックス 2回 27日以上 出生6週0日後~
24週0日後
1回目の接種は生後2か月~
出生14週6日後まで
ロタテック 3回 27日以上 出生6週0日後~
32週0日後
1回目の接種は生後2か月~
出生14週6日後まで

備考

原則として同一ワクチンを接種する。

四種混合

四種混合一覧
種類 接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
1期初回 3回 20日以上 生後3~90月未満 生後3~12月
1期追加 1回 初回終了後6月以上 生後3~90月未満 初回終了後
12~18月

二種混合

二種混合一覧
種類 接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
2期 1回 11~13歳未満 小学6年生

BCG

BCG一覧
接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
1回 1歳未満 生後5~8月未満

日本脳炎

日本脳炎一覧
種類 接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
1期初回 2回 6日以上 生後6~90月未満 生後6月
1期追加 1回 初回終了後6月以上 生後6~90月未満 1歳
2期 1回 9~13歳未満 9歳

水痘

水痘一覧
接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
2回 3月以上 1~3歳未満 生後12~15月
1回目接種後6~12月の間隔

MR (麻しん風しん)

MR(麻しん風しん)一覧
種類 接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
1期 1回 1歳
2期 1回 小学校就学前1年(年長児)

ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)

ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)一覧
接種回数 間隔 対象年齢 標準的な接種期間
3回
  • <2価(サーバリックス)>
    2回目:1月以上
    3回目:1回目から5月以上で2回目から2月半以上
  • <4価(ガーダシル)>
    2回目:1月以上
    3回目:2回目から3月以上
小学6年生~
高校1年生
中学1年生

備考

・ワクチンによって接種間隔が異なるため、1~3回目まで同一をワクチンを使用する。

・令和4年4月から、ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)予防接種の積極的勧奨が再開されました。

・キャッチアップ接種として、積極的な勧奨を差し控えている間に定期接種の対象であった平成9年度生まれから平成17年度生まれまでの女子も、令和4年4月から令和7年3月までの3年間、HPVワクチンを無料で接種することができます。

・定期接種・キャッチアップ接種対象者には、段階的に個別に案内を郵送し、接種勧奨を行います。

・キャッチアップ接種対象者において、積極的勧奨差し控えにより、定期接種の対象年齢を過ぎてHPVワクチンを任意接種で受けた方については、当該費用の助成を行っています。該当される方については、問い合わせ先までご連絡ください。

接種医療機関

希望する医療機関へ直接予約してください。

予防接種の間隔

異なった種類のワクチンを接種する場合に、ワクチンの種類によっては間隔を守ることが必要なものがあります。
同時接種の場合を除き、その効果・安全性を考えて次のように間隔をあけることになっています。

接種間隔(令和2年10月1日改訂)

予防接種の間隔の説明図

同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、ワクチン毎に定められた接種間隔を守りましょう。

お問い合わせ

  • いきいき健康課 電話:0920-52-4888(担当地区:厳原行政区・美津島行政区)
  • 中地区保健センター 電話:0920-58-1116(担当地区:豊玉行政区・峰行政区)
  • 北地区保健センター 電話:0920-84-2313(担当地区:上県行政区・上対馬行政区)

この記事に関するお問い合わせ先

いきいき健康課

〒817-0016
対馬市厳原町東里303番地1
電話番号:0920-52-4888
ファックス番号:0920-52-4812

メールフォームからお問い合わせをする