アスクル株式会社とSDGs連携協定を締結しました

更新日:2021年04月27日

SDGs未来都市である対馬市は、この度、アスクル株式会社とSDGs連携協定を締結いたしました。

協定締結日

令和3年2月24日

連携協定の内容

(1) 目的

対馬市とアスクル株式会社双方の資源、ノウハウを有効に活用した共同による活動を推進することにより、相互において、SDGsの達成に向けた取り組みを進めること。

(2) 連携事項

  1. サーキュラーエコノミー(循環経済)の活性化に関する事項
  2. 海洋プラスチックゴミ対策の推進に関する事項
  3. その他両者が協議して必要と認める事項

TSUSHIMA×ASKUL project

具体的な取り組みとして、アスクル株式会社HPの「Special Issue」に特設サイト「Tsushima×ASKUL project」が設けられ、海洋プラスチックごみ問題の普及啓発や寄付金付きレジ袋の販売等が始まっています。

対馬市として、アスクル株式会社様との連携を通じ、より多くの方々に海洋プラスチックごみ問題の現状や課題を知っていただき、そして、解決策をともに考え、一緒に行動していただけるよう情報発信等に努めたいと考えています。

この記事に関するお問い合わせ先

SDGs推進室

〒817-8510
対馬市厳原町国分1441番地
電話番号:0920-53-6111
ファックス番号:0920-53-6112

メールフォームからお問い合わせをする