○対馬市軽度生活援助助成費支給要綱

平成18年3月31日

告示第4号

対馬市軽度生活援助事業実施要綱(平成17年対馬市告示第48号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この告示は、加齢に伴い生活維持能力が低下した在宅の高齢者が、社会福祉法人等(以下「事業者」という。)が行うホームヘルパー等の派遣により、軽易な日常生活の援助を受けることに対し、対馬市軽度生活援助助成費(以下「助成費」という。)として、利用料の一部の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(助成対象及び額)

第2条 助成費の助成対象は、次に掲げる者とする。ただし、介護認定を受け、ケアプランの中に訪問介護を含む者は、対象外とする。

(1) 65歳以上の一人暮らし世帯

(2) 65歳以上の高齢者夫婦世帯で一方が要介護認定3以上の世帯

(3) その他市長が特に認めた者

2 助成費の額は、1人につき、月8時間までを助成対象とし、1時間当たり800円を限度とする。

(助成対象者の認定)

第3条 助成費の支給を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、軽度生活援助助成費支給認定申請書(様式第1号)及び同意書(様式第2号)を福祉事務所長(以下「所長」という。)に提出しなければならない。

2 所長は、前項の規定による申請があったときは、申請者の現況調査を行い、認定の要否を審査し、その結果を軽度生活援助助成費支給認定・却下通知書(様式第3号)により申請者及び事業者に通知するものとする。

(請求方法)

第4条 利用者から助成費の請求を委任された事業者は、利用者に代わって次に掲げる書類を市長に提出するものとする。

(1) 軽度生活援助助成費請求書(様式第4号)

(2) 軽度生活援助利用実績書(様式第5号)

(3) 委任状(様式第6号)

(その他)

第5条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年10月1日告示第73号)

この告示は、平成22年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

対馬市軽度生活援助助成費支給要綱

平成18年3月31日 告示第4号

(平成22年10月1日施行)