○対馬市シルバーホン設置事業運営要綱

平成19年6月1日

告示第31号

(趣旨)

第1条 この告示は、ひとり暮らし老人に対し、シルバーホンを設置することにより、利用者の緊急時の連絡手段の確保を図るため、必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 シルバーホンの設置を受けることができる者(以下「対象者」という。)は、現に電話が設置され、かつ、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 本市に住所を有する者

(2) 満65歳以上であって、ひとり暮らしの者。ただし、同一敷地内に子又は孫が居住しているものは対象外とする。

(3) 心身の状態から安否確認が必要であり、かつ、緊急時の連絡手段としてシルバーホンの設置が必要と認められる者

2 前項に定めるもののほか、福祉事務所長(以下「所長」という。)が特に必要と認めた者は、設置の対象者とすることができる。

(申請)

第3条 シルバーホンの設置を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、対馬市シルバーホン設置申請書(様式第1号)を所長に提出しなければならない。

(決定)

第4条 所長は、前条の申請があったときは、設置の適否を決定し、対馬市シルバーホン設置決定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(費用の負担)

第5条 シルバーホンの設置費及び使用料は、市の負担とする。

(管理等)

第6条 シルバーホンの利用者(以下「利用者」という。)は、当該シルバーホンを適正に管理しなければならない。

2 利用者は、シルバーホンに関する権利義務及び当該シルバーホンを他人に譲渡し、転貸し、又は担保に供してはならない。

3 利用者は、当該シルバーホンを営利その他これに準ずる目的に使用してはならない。

(変更の届出)

第7条 利用者は、住所を変更したとき又はシルバーホンを破損し、汚損し、又は滅失したときは、直ちに対馬市シルバーホン利用変更届出書(様式第3号)により所長に届け出なければならない。

(設置の取消)

第8条 所長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該シルバーホンの設置を取り消すことができる。

(1) 第2条の規定に該当しなくなったとき。

(2) この告示又は所長の指示に違反したとき。

(損害賠償)

第9条 利用者は、故意又は重大な過失により、当該シルバーホンを破損し、汚損し、又は滅失したときは、所長が相当と認める額を賠償しなければならない。

(補則)

第10条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、所長が定める。

附 則

この告示は、平成19年6月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

対馬市シルバーホン設置事業運営要綱

平成19年6月1日 告示第31号

(平成19年6月1日施行)