○対馬市アウトソーシング実施検討委員会設置要綱

平成29年11月28日

訓令第20号

(設置)

第1条 人口減少及び高齢化が急速に進行し、財政状況は依然として厳しい状況にある一方、社会環境の変化に伴い行政サービスに求められるニーズは多様化しており、限られた資源及び財源の中で、質の高い行政サービスを継続的かつ効率的、効果的に提供していくことを目的とし、対馬市アウトソーシング実施検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) アウトソーシング実施計画の作成に関すること。

(2) アウトソーシング対象業務の調査、研究、検討等に関すること。

(3) その他アウトソーシングに関すること。

(組織)

第3条 委員会は、別表に掲げる者をもって組織する。

2 委員会には、委員長及び副委員長をそれぞれ1人置く。

3 委員長は、総務部長の職にある者をもって充て、副委員長は、委員長が指名する。

4 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第4条 委員会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が招集し、その議長となる。

2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ、開くことができない。

3 委員会は、必要があると認めるときは、会議に委員以外の者の出席を求め、当該意見若しくは説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(ワーキング部会)

第5条 第2条に規定する所掌事務の実施に必要な調査、研究、検討等を行うため、委員会にワーキング部会(以下「部会」という。)を置く。

2 部会は、部会長、副部会長及び部会員をもって組織する。

3 部会長は、アウトソーシング対象業務に関わる課長級職員とし、副部会長は部会長が指名する。

4 部会員は、アウトソーシング対象業務に関わる管理職以外の職員をもって充てる。

5 部会の会議は、部会長が招集し、部会長がその議長となる。

6 部会長は、部会を統括し、副部会長は部会長を補佐し、部会長に事故等があるときはその職務を代理する。

7 部会は、調査及び研究し、検討した結果を委員会に報告する。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、総務部総務課において処理する。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

職名

委員長

総務部長

委員

しまづくり推進部長

観光交流商工部長

市民生活部長

福祉保険部長

健康づくり推進部長

農林水産部長

建設部長

水道局長

中対馬振興部長

上対馬振興部長

会計管理者

教育部長

議会事務局長

監査委員事務局長

農業委員会事務局長

消防長

対馬市アウトソーシング実施検討委員会設置要綱

平成29年11月28日 訓令第20号

(平成29年11月28日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第7章 附属機関等
沿革情報
平成29年11月28日 訓令第20号