○対馬市区長設置条例

平成16年3月1日

条例第11号

(設置)

第1条 対馬市に区長を設置する。

(区域)

第2条 区長は、次の区域に置くものとする。

厳原町 曲、小浦、南室、阿須、桟原、宮谷、日吉、天道茂、中村、今屋敷、田渕、大手橋、国分、久田道、久田道西里、久田、白子、堀田、尾浦、安神、久和、内院、内山、桃木、豆酘上町、豆酘中町、豆酘浜町、浅藻、豆酘瀬、佐須瀬、阿連、小茂田、小茂田浜、下原、樫根、床谷、上山、日掛、椎根浜、椎根、上槻、久根田舎、久根浜

美津島町 焼松、上の町第1、上の町第2、中の町、日向、本町、住吉、日の出、宮の下、瀬原第1、瀬原第2、樽ヶ浜、大浜、高浜、西高浜、根緒、洲藻、箕形、吹崎、加志、今里、尾崎、昼ヶ浦、黒瀬、竹敷、島山、浦崎、中浜、大船越本町、平瀬原、久須保、女護島、緒方、犬吠、玉調、大山、小船越、芦浦、賀谷、濃部、赤島、鴨居瀬住吉、元鴨居瀬、新鴨居瀬、長手、細浦飛渡

豊玉町 仁位、佐志賀、嵯峨、貝鮒、糸瀬、和板、横浦、塩浜、見世浦、鑓川、千尋藻、曽、位之端、卯麦、佐保、貝口、東加藤、水崎、加志々、唐洲、廻、志多浦、大綱、小綱、銘、田

峰町 三根上、三根下、三根浜、津柳、青海、木坂、狩尾、賀佐、吉田、櫛、佐賀、志多賀、志越

上県町 松ヶ崎、浜町、土井奈、本元町、上町、下町、太鼓町、三軒屋、大地、西津屋、深山、恵古、仁田ノ内、井口、友谷、湊、中山、瀬田一、瀬田二、樫滝、飼所、越ノ坂、犬ヶ浦、御園、越高、伊奈、志多留、田ノ浜、鹿見、久原、女連

上対馬町 河内、大浦、鰐浦、豊、泉、西泊、古里、比田勝、網代、冨浦、津和、唐舟志、浜久須、玖須、大増、舟志、五根緒、茂木、琴、芦見、一重、小鹿

(委嘱)

第3条 区長は、前条の区域内に居住する者のうちからその区域内の者が推薦したものを市長が委嘱する。ただし、特別の事情ある場合は、推薦によらず市長が委嘱することができる。

2 区長の任期は、1年とする。ただし、再任は妨げない。

(事務)

第4条 区長は、市の事務を補助するものとし、おおむね次の事務を処理する。

(1) 市からの連絡事項の周知徹底協力

(2) その他必要な事項

(謝礼金等)

第5条 区長には、謝礼金及び費用弁償を支給する。

2 謝礼金の支給額は、受持区域内の世帯数、人口等を勘案して、予算の範囲内において市長が定める。

3 区長が市長の招集による会議その他に出席したときは、対馬市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成16年対馬市条例第42号)を準用して、費用弁償を支給する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際、現に合併前の厳原町区長設置条例(昭和33年厳原町条例第10号)、美津島町区長設置条例(昭和40年美津島町条例第36号)、豊玉町区長設置条例(昭和30年豊玉町条例第16号)、峰町区長設置条例(昭和54年峰町条例第17号)、上県町地区駐在員設置条例(昭和30年上県町条例第19号)及び上対馬町区長設置条例(昭和41年上対馬町条例第10号)により区長又は地区駐在員を委嘱されている者は、この条例に基づき区長を委嘱された者とみなす。

附 則(平成18年3月31日条例第7号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月13日条例第1号)

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月31日条例第12号)

この条例は、令和3年4月1日から施行する。

対馬市区長設置条例

平成16年3月1日 条例第11号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成16年3月1日 条例第11号
平成18年3月31日 条例第7号
令和2年3月13日 条例第1号
令和3年3月31日 条例第12号