○対馬市学校給食共同調理場管理規則

平成16年3月1日

教育委員会規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、対馬市学校給食共同調理場条例(平成16年対馬市条例第85号)に基づき、学校給食共同調理場(以下「共同調理場」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(給食の実施)

第2条 共同調理場は、学校給食法(昭和29年法律第160号)の目的達成のため、対馬市立小学校及び中学校の児童及び生徒に対し、週5日の給食を実施する。

(委託)

第3条 給食の適正かつ円滑な運営を期するため、共同調理場の管理運営を委託することができる。

(事業)

第4条 共同調理場は、次の事業を行うものとする。ただし、管理運営を委託した場合は、受託者において第2号から第5号までの事業を行うものとする。

(1) 給食に必要な物資の購入及び献立

(2) 給食調理及び運搬

(3) 給食用器具の清掃、消毒、保管及び運搬

(4) 食器及び設備の衛生管理並びに従事者の保健指導

(5) 施設設備の充実及び管理保全

(6) 給食に関する会計及び一般事務

(7) 学校給食を正しく推進させるための調査研究

(8) 給食指導の計画作成及び実施並びに家庭に対する啓発及び連絡

(9) その他学校給食に必要な事項

(職員の所掌事務)

第5条 場長は、共同調理場に属する事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 栄養士は、次に掲げる業務を担任する。

(1) 献立表、給食日誌、栄養日報及び週報等の作成並びに給食会の需要申請

(2) 調理食品の栄養及び衛生管理

(3) 調理員の調理指導及び衛生指導

(4) 給食物資の鮮度、量目及び品質の判定

(5) 児童及び生徒の栄養指導

(6) その他補助的な事務

(給食費)

第6条 給食費の額は、運営委員会の意見を聴いて、毎年度当初に定める。

(給食費の徴収)

第7条 給食費は、毎月各学校長が取りまとめ、翌月の15日までに指定金融機関に納入する。ただし、7月分、12月分及び3月分については、それぞれの休業日の前日までに納入するものとする。

2 事故等により欠席した児童又は生徒については、給食費の減免をすることができる。

3 生活保護又は準要保護の児童又は生徒については、別に定めるところにより給食費を調整するものとする。

(献立表)

第8条 栄養士は、献立表を児童・生徒を通じ各家庭に配布し、学校給食の改善に努めるものとする。

2 調理は、献立表に基づいて行わなければならない。

(公簿)

第9条 共同調理場に備え付ける公簿及び書類は、次のとおりとし、受託者においてその管理を行う。ただし、給食費に係る受払諸帳簿の管理は、場長が行う。

(1) 出勤簿

(2) 給食業務日誌

(3) 備品台帳

(4) 出張命令簿

(5) 衛生日常検査表綴

(6) 給食費徴収簿

(7) 金銭出納簿

(8) 物品受払簿

(9) 献立表綴

(10) その他の必要な書類

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、共同調理場の管理運営に関し必要な事項は、対馬市教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年3月1日から施行する。

附 則(平成24年8月6日教育委員会規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

対馬市学校給食共同調理場管理規則

平成16年3月1日 教育委員会規則第15号

(平成24年8月6日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成16年3月1日 教育委員会規則第15号
平成24年8月6日 教育委員会規則第8号